2017年03月21日
五十嵐範子

高くマンションを売るコツを知ろう!!

五十嵐範子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 11


高性能でセキュリティ対策が万全マンションが増えている現在は、一戸建てでなくマンションを限定にして購入希望をする方が多くなっています。


その一方で様々な理由で売却を検討する方もいることから、中古物件でも人気があるエリア住みやすい間取りの場合は、早い段階で買い手が見つかかるでしょう。


手放したい売主物件を探す買主をマッチングする不動産会社選びは重要で、店の選び方やスタッフの違いで話の進み具合も変わるのが現状です。


有名な大手不動産会社なら安心…ということはなく、むしろマンションの近くで長く地元に根差して事業を進めているような店舗のほうが、周辺地域の状況にも詳しく、良い買い手を見つけてくれる可能性があります。


査定などを複数社に依頼しますと、会社ごとの対応の違いサービス精神が伝わり、利用先が自然と絞られてきます。


もちろん売主側の努力も求められる不動産売却は、少しでもマンションを高く評価してもらうために、内覧時に買主側に積極的に物件の良さをアピールするのが重要です。


どんな人がどのような生活をしていたのかが分かる内覧時は、購入する側も真剣に情報を収集しようと意気込んで足を運びます。


決して安い買い物ではないマンションは、内覧時の話し合う姿勢によって決断されるといっても過言ではありません。


その後契約時にも顔を合わせることになる売主と買主ですので、また会って話が聞きたいと思われるような対応が求められます。


そういった点でも、不動産会社と売り主の関係性が重要になり、どんなことでも相談できるのが理想です。


築年数間取り立地されている地域などの項目によって査定の価格は判断されますが、住んでいる人にしか分からない良や、その地域で長く不動産に携わった人物にしか分からない話ができるのは、売主側であり豊富な知識や経験がある不動産会社となります。


大切なマンションを手放して、新しい持ち主に引き渡す売却は、円滑な話し合いができることが理想ですので、事前の準備段階から色々と心掛けて行動してみてはいかがでしょう。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧