2017年02月27日
グラッドな設計を考える細谷健一

長屋と共同住宅の違い

グラッドな設計を考える細谷健一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 469

みなさま長屋という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

長屋というと古臭いイメージがあり馴染みが薄いかと思いますが、長屋とは一棟の建物を仕切り多世帯の住宅が

連なっている形式です。

長屋と共同住宅では、建築基準法上大きく異なりますので、どのように異なるか見てみたいと思います。

長屋や共同住宅は見知らずの人同士が集まって住む建物なので防災上厳しいということが言えます。

 

共同住宅は、共用のエントランスがあり、共用廊下や共用階段からなるものです。

それに対して、長屋は共用部分をつくってはいけないため外部から直接住戸へ出入りをするか専用の階段でアクセスできなければなりません。

3階建てだとしても長屋の場合は住戸ごとに階段を設けるということになります。

 




共同住宅は建築基準法上、特殊建築物ですので長屋よりも厳しい制限がかかりますし、消防法上においても厳しくなります。

共同住宅を東京都や横浜市で計画する場合、住戸バルコニーの前は窓先空地と呼ばれる空地設ける必要があり、そこから道路などへ避難できる有効幅員が定められています。

一方、長屋においては窓先空地というものはありませんが、道路へ至る有効幅員が定められているので合わせて検討する必要があります。

 

旗竿状敷地に共同住宅を建設する場合は特に注意が必要です。

東京都では、旗竿状敷地に共同住宅を建設することを原則禁止されていますが、長屋であれば建築できます。

 

また、旗竿状敷地の通路幅や通路長さによって、建物規模や建物用途を制限している行政庁もありますので注意が必要です。

通路長さが長すぎると戸建て住宅すら建築できないこともありますので、通路長さ10m以上になる場合は念のため行政庁に確認をされた方が良いでしょう。



大きな一体の敷地を下図のように敷地分割を行う場合、A敷地のことだけを考えて敷地分割してしまうと、旗竿敷地で思った建築ができないというようなこともありますので敷地を分割する際は建築士の意見も聞いて分割した方が良いと言えます。



本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧