2017年02月27日
星 龍一朗

法人名義の不動産売却の税金はどうなる?!

星 龍一朗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

不動産コンサルタント・ニコニコ大家さんプロデューサー

星 龍一朗です。


今回のテーマは、
法人名義の不動産売却の税金はどうなる?!
です。




個人名義の不動産の売却益は、分離課税といって、
他の所得とは、分離して課税がされます。

同じ申告期間に、損失が出る不動産を売却して、
その譲渡損を、譲渡益にぶつけるということは可能ですが、
それ以外は、利益が多くでたからと言って、
節税のために打てる対策は、極めて限定的だと思います。

一方で、法人名義の不動産を売却した場合の税金は、どうでしょうか?

売却益が出たとしても、それは、その他の利益と合わせた上で、法人税での課税となります。

つまり、不動産の売却益だけを分離した課税ではないわけではなく、
法人の決算年度の賃貸利益と売却益(売却損)およびその他の収益を合算して、
合計の利益に対して法人税率をかけます。

ということは、節税の対策も打ちやすくなります。

法人の節税対策として、代表的な
経営セーフティーネット共済なども、もちろん活用できるわけです。

経営セーフティーネット共済とは、正式には、
中小企業倒産防止共済と言って、中小企業の連鎖倒産を防ぐために設けられた共済です。

もし万が一、取引先が倒産して損失を被った場合には、積立てた金額の最大10倍(最高8000万円)を
「無利子・無担保・保証人不要」で借りることができます。

掛け金がほぼ積立となり、かつ掛け金の上限額の年間240万円までを全額損金計上できるため、
節税によく使われるわけです。

これは、独立行政法人 中小企業基盤整備機構という政府系の機関が運営しています。


他に、民間の保険(全損・半損)の活用もあります。

これらは実質的には、課税の繰延べではありますが、利益が予定以上に出てしまった場合などにも、
よく活用されます。

また、法人であれば、不動産、太陽光発電設備などの減価償却資産を購入して、
減価償却費を計上することにより、不動産売却による利益を圧縮することも可能になるわけです。

そういう点で、短期の保有期間で、譲渡益が出るような不動産の場合は、
特に法人名義のほうが、対策がしやすく、有利だといえるでしょう。

不動産投資の場合、名義については法人がよいのか個人がよいのかは、
このように売却時のことだけでも、出口のシオリオによりますし、不動産価格相場の動向の影響も受けます。
ほかにも、団体信用生命保険の加入の面、どこまで、融資を受けて物件を増やしたいかなど、
いろいろと総合的に考える必要があります。


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
次回も、よろしくお願いします。


星 龍一朗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 1581

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧