2018年06月07日
【PR】株式会社ダンゴネット

飛び込み来店数が4倍に!?地元密着不動産会社が行った店舗集客の秘策とは…

【PR】株式会社ダンゴネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+





不動産ポータルサイトや便利なツールによって、顧客とのコミュニケーションがとれる時代だ。しかし、最終的には来店してもらい対面しての商談から契約を結ぶ流れは、今も昔も変わらない。西東京市にある地元密着の不動産会社では、ある秘策を打つことで、来店数が4倍になったという。その秘策とはどういったモノなのだろうか?



「秘策」の正体を今すぐ見る



来店数が4倍!?店舗外観に設置した●●がカギ! 


昭和59年(1984年)に設立した塩月産業は、西武新宿線・田無駅周辺に2店舗を構える不動産会社だ。事業領域は、西東京市に中心に不動産管理・賃貸仲介・売買など幅広く行っている。自社の管理物件数は都下エリアをメインに都内もあわせて約1,000戸と多く、まさに地元密着の不動産会社だ。



同社南口店・店長の高橋和也氏によると、集客には大手不動産ポータルサイトでの物件掲載がメインになっているという。2サイトを使って月7万円ほどの料金だ。また、社員自らのポスティングも精力的に行っており、多いときは手が空いた時間に一人で1日500枚ほど配って回るという。しかし、ご存知の通りポスティングでの反響は極めて少ないのが現状だ。


これまで、予約なしの飛び込みで来店するお客は2週間に1組ほどだったという。駅から近い立地でありながらも人通りが少ない道に面しており、赤い目立った外観の店であってもなかなか認知されることはなかった。


しかし、ある秘策1カ月前に行ったことで週に2組ほどが予約なしで来店するようになった。これまでの4の来店数を実現させたという。それはどういったモノだったのだろうか。




田無駅から5分、塩月産業 南口支店に伺った。




塩月産業 南口支店・高橋和也店長



高橋店長によれば、外に設置している物件紹介パネルに秘密があるという。


早速、外に出て確認してみる。




確かに見やすいパネルだが・・・



確かにきれいなパネルで、見やすいディスプレイだ。

しかし、これだけで来店が4倍になったとは到底思えない。


「ディスプレイがきれいになり、立ち止まって見てくれる人が増えた効果がありました。しかし、夕方から夜になるとこのパネルの本領が発揮されます」(高橋店長)



その言葉を聞き、午後19時頃、再び同店舗に訪れた。







夜19時過ぎに行ってみると・・・



例のパネルが皓々(こうこう)と光っている。

近づいて見ると、物件チラシの後ろからライトが当てられており、夜でも詳しく読むことができる。




まんべんなく光が当たり読みやすい



「外の展示パネルを『集客名人』に変えてから、昼夜問わず人が立ち止まって見てくれる回数が増えました」と高橋店長は語る。




塩月産業の秘策は、この光るパネル『集客名人』だったのだ。



昼夜問わず見やすいパネルが来店客を呼ぶ!



『集客名人』公式サイトを見る




集客名人』の効果と活用法とは!




集客名人の効果を語る高橋店長



高橋店長によれば、この光るパネル(『集客名人』)を設置して2つの効果があったという。


1つ目は、立ち止まって見ていた人を店内に誘いやすいという効果だ。

『集客名人』は、昼夜問わずきれいで見やすいディスプレイのため、通りかかった人が立ち止まって見る機会が多いという。そういった際に、店舗から営業マンが出てきて声をかければ高い確率で店内での商談を始めることができるという。


2つ目は、閉店後にもパネルが読まれ、後になって問い合わせが来ることがある効果だ。

同社の営業時間は午前9時から夜7時までだ。その後の時間帯でも『集客名人』は光っている。そうすることで、平日夜遅くに帰ってくる会社員や周辺住民であってもパネルを見ることができ、後に問い合わせが来ることが増えたという。従業員が帰った夜間にも店のアピールを続けてくれているのだ。


同社は、これまでにも他の方法で不動産チラシを光らせていた時期があったという


「以前は、蛍光灯を使って光るディスプレイを作っていました。しかし、明かりが一方からしかなく、パウチしたチラシが影になってしまうこともあり、暗く読みにくいものでした。集客名人は、裏側からLEDを使って全体的に光らせるため、とても見やすいです」(高橋店長)



導入1カ月で来店数が4倍!?サービスの詳しい紹介はこちら




導入500社超!『集客名人』の特徴とは?

 





LEDバックパネル『集客名人』を提供するダンゴネット(東京・国分寺市)によると、同サービスを2014年から提供開始し、現在では全国で500社以上が導入しているという。同社は、不動産管理会社や不動産仲介会社に向けた物件管理ツールサービスを提供している。言わばシステム会社と呼ばれる企業が、なぜリアルな店舗設置型のLEDパネルサービスの提供を始めたのだろうか。



それは、取引先である5,000社を超える不動産会社からの「店舗集客を強化したい」という切なる要望があったからだった。


2016年9月にリクルート住まいカンパニーが発表した『2015年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)』によると、「部屋探しに利用した情報源(全体/複数回答)」の質問では、一番多かった「PCサイト(不動産ポータルサイト・不動産会社が運営するサイト等)」51.4ポイントに次いで、「不動産会社に直接訪問」が29.6ポイントと二番目に多いことが分かった。



(リクルート住まいカンパニー・リリース情報より転載)



不動産会社各社は、ポータルサイトや自社HPといったインターネットを活用した集客に力を入れている。しかし、ここで問題となってくるのが広告コストや、他社との差別化だ。ネットを活用した運用型広告や、ポータルサイトを利用する場合なども、かかる費用とは裏腹に効果が現れないケースも多々散見されている。


そこで、ダンゴネットでは部屋探しの方法で2番目に多い、「不動産会社に直接訪問」を強化できるサービスを提供開始した。



集客名人』は、LEDライトパネルによって後ろから均一光を当て、鮮明に物件情報を光らせる仕組みだ。LEDパネルを組み合わせることで、様々なサイズで自由に設置することができる。


店舗がきれいになることでの集客力強化は当然だが、副産物としてホームページのブログやポータルサイト、配布用チラシ等に店舗外観を掲載することで、ネットからの反響獲得アップも期待できるという。




導入コストに関しては、購入・レンタルどちらにも対応しており低コストで開始することができる。レンタルの場合には保守サービスが含まれているため、万が一不具合が発生した場合でも即時に対応してくれる。



集客名人』オリジナル機能!

・外の明るさに応じて自動照度調節が可能!

・時間帯や日時を指定して電源ON/OFFスケジューリング可能

スマホによる遠隔管理機に対応!



では、設置までにはどれぐらいの時間がかかるのだろうか。

ダンゴネットによると、打ち合わせから施工まで30日程度だという。




設置工事に関しては、冒頭に登場した塩月産業 南口支店の場合、わずか午前中の1~2時間で終わったという。サイズや設置の内容にもよるが、ほとんどが半日程度で終わるようだ。



集客名人』は、まさに手間なくコストをかけずに集客力を強化できる。


インターネットでの集客が激化している中、リアルな店舗に秘策を打って来店数の倍増を目指そう!



『集客名人』の気になる費用やコスト、お問い合わせはこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 1124

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧