2017年07月30日
スマイスターMagaZine文芸部

書評:古市憲寿「大田舎・東京 都バスから見つけた日本」

スマイスターMagaZine文芸部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 637




■書名:大田舎・東京 都バスから見つけた日本

■著者:古市憲寿

■出版:文藝春秋

■定価:1,400円+税



東京都内で、駅近の物件に住んでいると、バスに乗る機会は少ない。

商業施設や繁華街は鉄道の駅を中心に発展しており、街の開発も駅が起点になる。家を出たら駅まで出かけ、電車に乗って職場や学校に通う。ドラマにも小説にも描かれる都会の生活だ。


古市憲寿著『大田舎・東京』は、おしゃれで都会な「表向きの東京」ではなく、都バスの車窓から見える「生活の東京」の実情を明らかにしている。


確かに、東京で暮らす1,300万人全てが、都会的な生活を送っているわけではない。むしろバスを使って通学・通院をしたり、介護施設に訪れたりと、他の街と変わらない「生活」をしている人々がほとんどなのだ。


本書は、「
東京のほとんどが田舎である」という仮説から全てがスタートする。

実際に都バスから見える風景を見て、「「ビルが立ち並び、群衆が行き交う大都会東京」なんてのは、東京の本当に一面に過ぎないことが、改めて確認できる。」と述べている。


秋26 葛西駅前―秋葉原駅前「東京はどこから『東京』なるのか?」
の章では、葛西駅と秋葉原駅を結ぶ都バスに乗り、東京はどこから「東京」になるのか、について記されている。この東京とは、「表向きの東京」のことだろう。


葛西駅や北砂、白河あたりはまだ「東京」ではないらしい。

清洲橋を渡り、中央区に入った途端に成城石井が目に飛び込んで来た。このあたりから一気に「東京」感が増す。」とあった。


実際に、その「東京」の境目の区間を乗ってみた。

秋26「白河二丁目」停留所からバスに乗る。


白河二丁目の停留所 (撮影=スマイスターMagaZine編集部)


東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅から地上に上がるとすぐにある停留所だ。

ここ数年で、清澄白河はオシャレな街になったと言われる。かつての木場や倉庫として使われていた建物を利用した海外のコーヒーショップや、スイーツショップが街のいたるところにある。雑誌やテレビの情報番組で見かけそうな店だ。

しかし、路地に入るとまだまだ下町だ。道に絵をかいて遊ぶ子供たちがいたりと、昭和の匂いさえ残した風景がそこにはある。


バスは、清洲橋通りを西に進む。

清澄庭園のそばを、緩く右に曲がると清洲橋だ。

清洲橋は隅田川に架かる全長186mの橋で、江東区と中央区を繋いでいる。



江東区と中央区を繋ぐ清洲橋 (画像=スマイスターMagaZine編集部)

橋を渡ると、オフィスビルが建ち、本書のとおり一気に都会の雰囲気になった。乗車してわずか5分ほどで、明らかに街の空気が変わった。駅を中心にした都会の街に入ったのがよくわかる。


この章は「東京の面積比率で考えてみると、高層ビルの立ち並ぶ「東京」よりも、葛西のような東京のほうが広い。」と締めくくられている。確かに、都バスから見えた街並みは、大都会ではなく、生活者の街だった。


本書では100系統のバスの乗車記が収められている。

どの系統も、これまでの東京のイメージを変える景色を見せてくれている。

本書を片手に都バスに乗れば、新たな東京に出会えるかもしれない。



(敬称略)

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

[PR]

  • 人材紹介1
  • 人材紹介2
  • 株式会社MFS

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧