2017年01月07日
浅井佐知子

2017年、不動産市場大予測!

浅井佐知子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 6350

明けましておめでとうございます。


不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。
今年もどうぞよろしくお願いします。





皆様は2017年の不動産、
どうなると思いますか?



今回は今年初めての記事なので、
「2017年、不動産市場大予測!」
をしてみたいと思います。



まずはその前に、2016年の日本経済及び不動産市況を
簡単に振り返ってみます。



2016年は世界が激動の1年でした。
・英国のユーロ離脱決定
・米国の次期大統領、まさかのトランプ氏
・ISの脅威
などなど



為替も株価もそのたびに大きく乱高下しました。
2016年の初め、「株価上昇、円安」
と予測したエコノミストが多かったですが、
大外れ!笑
結局昨年は1月から、株安、円高が始まり、
トランプ相場で元に戻った1年間でした。



では不動産市場はどうだったでしょうか?



昨年は、マイナス金利の影響が
投資不動産に強く出た1年でした。



投資不動産はすこぶる好調。
利回りの低下と物件不足で、



「買いたくても良い物件がない。
「少しでもいい物件は、すぐに売れてしまう。」



という1年でした。



ただし、もう少し細かく見てみると、



・お給料が上がっていないので、
実需不動産は伸びていない。

・その中でも、中古マンションは意外と好調。

・分譲戸建てはやや供給過剰気味。

・賃貸物件は賃料が下がり続けていましたが、
やっと最悪期を脱出。



という市況でした。



また、金融庁が「平成27事務年度 金融レポート」
を公表し、その中で、
『不動産向け貸出の現状には「注視が必要」』
と注意喚起しています。



このような2016年を受けて、
2017年はどんな市場になるのでしょうか?



まず、不動産市場は昨年同様、
実需は横ばい。
投資物件は好調。



実需の中古マンション市場は、
良い物件は好調でも、
駅から遠かったり、
古い物件はやや弱含みに
なるのではないかと思います。



また投資用不動産は、
これ以上利回りが低く
なりづらいですが、
引き続き物件不足の状況が続くと思います。



円安になると、海外からの投資も増えます。
ちなみに2016年は円高、中国景気の低迷から
海外からの投資は減少していました。



金利は上がってくるかもしれません。
金融庁が銀行に対して、さらに注意喚起をすると、
融資が引き締まる可能性もあります。
ただし、大きく金利が上昇したり、
融資が引き締まることはないと思います。



フルローンは厳しくなるかもしれません。
頭金をある程度入れる必要が出てくる
ということです。



賃貸市場は昨年並みからやや上向き。
事務所、居住用ともに、
賃料は上がりませんが、
空室率が改善されると思います。



ただし、今後は新築大量供給のせいで、
空室率上昇の地域が出てくる可能性があります。



また、駅から遠い物件、築古物件は、
物件数が増えているエリアは、
客付けに苦労します。
賃貸募集に関し、昨年以上にオーナーの努力、
工夫が必要になります。



今年は昨年以上に物件をよく見極め、
無理な融資を組まないことに
気を付ける必要があると思います。



また、「損切り最後のチャンスの年」
でもあります。



過去に購入し、
利益が出ていなく、
その不動産に思いれもなく、
資産価値も低い不動産で、
今後、修繕が多大にかかってくる不動産は、
思い切って売却しましょう。



例え損切りになったとしても、
負の遺産(不動産)を処分する
最後のチャンスになるかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


初詣に行きましたか?
私は、いつも行く神田明神ではなく、
谷保天満宮に行きました。
混み方が違いましたよ(笑)
神田明神はものすごいですから~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子




本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

浅井佐知子プロフィール写真

家が売れません

浅井佐知子

閲覧数 710

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧