よくある質問

 

M&Aは中堅中小企業経営者にとって一般的になったとはいえ、まだまだ内容まではあまり知られていないことが多いです。

よく頂くご質問をまとめました。

 

<質問一覧>

Q:スマイスター不動産業界M&Aの優位性は何ですか

Q:M&Aのどの部分を支援していただけるのしょうか

Q:売り手と買い手どちらが多いでしょうか

Q:小さい会社や赤字の会社でも譲渡は可能でしょうか

Q:仲介会社の手数料はどこでも同じでしょうか。

Q:誰にも知られないで行いたいのですが可能でしょうか。

Q:従業員の雇用を維持してほしいのですが可能でしょうか。

 

 

Q:スマイスター不動産業界M&Aの優位性は何ですか

不動産・建設業界に特化した形でM&Aを支援しております。業界特有の慣習なども理解した上で、M&Aを進めてまいります。また業界に特化することにより、多くの人脈を保有することができ、結果多くの情報をご提供することができるようになります。

 

また、株式会社シースタイルもインクグロウ株式会社も両方の強みを補完しあいながらよりよいサービスを提供することができます。

 

 

Q:M&Aのどの部分を支援していただけるのしょうか

売却のご相談の場合、売却のご相談から、最終契約まで全てをご支援させていただきます。買収ご希望の場合は、業種・場所などをお聞かせいただき、買収希望にあう企業をご紹介させていただきます。また、具体的にターゲットとしている企業がある場合は、弊社からアプローチをしてレポートを提出させていただきます。

 

 

Q:売り手と買い手どちらが多いでしょうか

一般的には買い手のほうが多い状況です。逆にいいますと売り手にとっては、非常に交渉がしやすい立場であるということです。

 

 

Q:小さい会社や赤字の会社でも譲渡は可能でしょうか

決算書などを拝見しないとわかりませんが、会社が小さいから、赤字だからといって譲渡ができないものではありません。まずは相談してみていただき、自社の市場価値を確認してみたらいかがでしょうか。

 

 

Q:仲介会社の手数料はどこでも同じでしょうか。

仲介会社によって大きく違います。仲介会社によっては、着手金を取る企業や月額の報酬を取るケース、途中の成果報酬を取るケースがあります。弊社は、完全成功報酬でおこなっておりますので、M&Aが成立した際に、お支払いとなります。

 

 

Q:誰にも知られないで行いたいのですが可能でしょうか。

M&Aは、守秘で始まり守秘で終わるという言葉があるくらい、守秘情報については、管理を徹底して行う必要があります。弊社では、120の金融機関と提携しているということからもわかるように情報管理については徹底的に行っております。

 

 

Q:従業員の雇用を維持してほしいのですが可能でしょうか。

基本的には、従業員の雇用維持というのがM&Aでは前提となるケースが多いです。またまたトップ面談の中で、条件などについては、何度も打ち合わせして決めていきますので安心してください。

 

最終契約書などに、一定期間の雇用の維持や条件などを入れることも行っております。