本日はクロージング日

インクグロウの照井です。本日はある案件のクロージング日でございました。

 

クロージング日というのは、売却側の経営者にとっては、寂しいような、しかし、次の人生への一歩の記念すべきの日でもあり非常に複雑な気持ちになるようです。実際、本日クロージング日を迎えた社長と話しをしていてもそのような話しをしておりました。

 

一方買収側の経営者にとってはこれからがスタートです。企業をさらに成長するために一緒になった企業をさらに成長させるために色々な戦略を走らせることとしており希望に満ちております。

 

両経営者ともに、未来をみているからこそ、M&Aが成立するのだと思います。