買収の目的とメリット

 

時間と経験の買収

会社や事業を買収するメリットの一番は何より、「時間と経験・ノウハウ」を買収することができるということであります。

例えば、不動産管理業界で、管理物件を増やしていくためにはそれ相応の時間が必要となります。

しかしながら、例えばすでに4000戸の管理をしている不動産管理業者を買収することができれば一気に、4000戸の管理物件を増やすことが可能となります。

 

スケールメリットの創出

上記のように仮に4000戸の管理物件を増やすことが出来れば、重複している業務の圧縮や、取引先への優位な交渉力などにより、収益性向上をはかることができるようになります。

 

不足機能の補てん

自社の強みが、不動産販売の仲介であった場合、上記の不動産管理の物件の管理ノウハウを買収することができれば、今後、仲介した物件の不動産管理も一手に引き受けることが可能になり、さらに事業が発展する可能性がでてまいります。

 

このように戦略的にM&Aの買収をとらえると様々なメリットを享受することができます。