社員の処遇について

 

社員がリストラに合わないか心配

よく、売却を決断した経営者から、社員がリストラにあわないか心配であるという相談を受けます。しかし、事業再生型のM&Aを除き、社員をリストラするケースはほとんど無いと考えてよいです。買収企業としても、人材も含めて買収企業の企業価値を査定しているので、逆に、社員が辞められてしまうことにリスクを感じても、リストラを行うことはほとんどありません。

 

社員の給与などが下がることが心配

これについても、最終的な譲渡のタイミングにて、条件として、従業員の給与などの現状維持以上を条件とすることが可能です。また、買収企業としても、買収した後の事業を成長させることが目的であるため、従業員のモチベーションを下げる行為は得策ではなく、そのような意味でも、基本的に現状維持以上を提示することがケースとして多いです。