売却成功のポイント

 

M&Aの目的を明確にし、迷ったときに立ち返ること

M&Aには目的があります。譲渡を成功させるということは、目的が達成することを意味します。しかしながら、M&Aを進めていく中で、様々不安になることがあります。その際、当初の目的に立ち返って判断をしていくことが大切です。

仮に、目的が果たらせないと判断した場合は、進めることを停止する必要がでるでしょうし、逆に、目的外のところで悩み、許容できるのであれば進めるという判断もあるかと思います。

大切なことは、当初の目的に立ち返るということです。

 

自社にあう業者に頼むこと

M&A仲介業者やアドバイザリー会社には様々な種類があります。銀行系列・会計事務所系列・独立系・個人会社 など様々であります。それぞれに強みをもっている部分が違いますが、確実なことは、自社が求めることにあったところを探すということです。

M&Aというのは、経営を正しく理解して、またアドバイスし、買い手候補を探すということになります。特に買い手候補を探すのは、一般的な営業活動が必要となります。

この「営業力」「ネットワーク力」を持っていないといつまでたっても、買い手とマッチングする事ができません。そのような意味では最低でも業界でどのくらいの実績があるのか、またネットワークがあるのかを確認することが重要となります。

 

情報は嘘偽りなく、必要な情報を全て正確に開示すること

M&Aにおいては、ネガティブな情報ほど先に、相手にお伝えすることが大切です。

M&Aの過程が進むにつれて、デューデリジェンスという調査を行う段階になります。仮にそのような段階に、ネガティブな情報が明るみになった場合、何故今まで伝えてもらえなかったのだろうという「不信」を生むこととなります。M&Aというのは、結婚と似ており、お互いの信頼関係があってこそ成就するものです。

そのような意味でも信頼関係というのは一番大切な部分であり、そこを築くためにも、ネガティブ情報ほど先に相手に伝える必要があります。

 

条件を出来る限り明確にすること

会社を譲渡すると決められたら、アドバイザーや仲介業者と一緒に資料を集めその会社事業についての現状把握をしていく必要があります。また、経営者として、譲れない条件を明確にしましょう。

 

・いくらの金額で売却したいのか

・働いている従業員の処遇はどうするか

・商標などで守ってもらうべきものはないか

・自分の処遇はどうするか

・ご子息の処遇はどうするか

などなど

 

絶対に譲れないポイントというものを整理することが大切です。最初の目的にも記載しましたがもし何かに迷った場合にこの譲れないポイントに立ち返り目的が果たすことができるのかを考え判断する必要があります。

譲渡すると決めたら、アドバイザー・仲介業者を信頼して進めること。M&Aを進めるにつれて、何度も迷う場面ということは出てきます。しかし、一度決めたら売却をするという、大目的はずらすことなく進めることが重要です。逆に迷って「売る・売らない」となってしまっては、買い手も不安になり、離れていってしまいます。

しっかりと、アドバイザー・仲介業者とコミュニケーションをとりながら行うことが大切です。