会社売却のメリット

後継者問題を解決してハッピーリタイアメントを実現

中小企業の65%は後継者不足といわれております。そのような中でM&Aを通じて第三者に会社(事業)を引き継ぐことはとても有益な手段といえます。また、最近では、「プチ上場」ともいわれ、創業者利益を十分に得られるケースも多数あります。

 

・適正な条件で事業を現金化し、創業者利益を獲得することができる。

・事業が継続し、従業員を継続して雇用し続けることができる。

・金融機関等の保証から解放され、第二の人生を歩むことができる。

 

事業の選択と集中を実現

多角化経営の中で、本業とはシナジー効果が発揮しない、事業を展開している場合、経営資源を集中するためにも、本業以外の事業を売却しその資金などによって、本業集中することでさらに本業の成長を図ることができます。

 

例えば、建設業者が、数店舗の飲食店舗を経営しているケースなどがあります。建設業は、2020年のオリンピック需要や、東北の大震災の復興支援などにより非常に活況な状況が続いております。これを機会ととらえ、本業に集中するために、本業以外の飲食店舗の売却をするケースなどがあります。

 

会社・事業の継続

働いている従業員や取引先・お客様などを考えると、会社や事業をなかなか閉めることは難しいです。しかしながら、何かしらの理由によって事業継続が難しいような状態になった場合、第三者に会社・事業を継承することは、非常に有効な手段となります。

また、会社を売却後に取締役会長として残って引きつぎ業務を行ったり、事業部長として残るケースなども多数あります。

どのようにしたいかは、売却側の経営者の希望が優先されるケースが非常に高いです。

 

事業の成長を加速

経営資源が営業チャネルを多数もつ大企業の傘下に入ることによって、その経営資源や営業チャネルを活用することによりさらに事業の成長させることができます。

大企業への傘下ということは成長戦略としても活用できます。また場合によって、一部の株式をもっていただき資本提携を行い、経営権を維持しつつ成長戦略を描くことも可能となります。