サービスの流れ

 

本サービスでは、完全成功報酬にてサービスを提供しております。株式譲渡や事業譲渡が完了して、資金が入金されたのちに報酬としていただく完全成功報酬であります。

 

1.お問い合わせ・個別相談

本サイトのお問い合わせフォーム、あるいは本サイト記載の電話番号にお問い合わせください。

 

2.守秘義務契約締結

M&Aにとって一番大切なことは、情報管理にあります。そのためにも相談時点に守秘義務契約書を締結させていただき、情報をしっかりと管理してまいります。

 

3.ご提案

守秘義務契約を締結しましたら、決算書などの必要書類をいただき、弊社で分析をさせていただき、ターゲット企業、譲渡価格、スキームなどをご提案させていただきます。

 

4.アドバイザリー契約の締結

ご提案をさせていただき、そのプランにて進めるということになりましたら完全成功報酬型の弊社専任の仲介契約書を締結させていただきます。

 

5.ノンネームシートの作成

具体的な活動のはじめとして、会社名や対象事業が絶対に特定されないように簡単なご希望条件をのせたノンネームシートというものを作成します。

 

6.買収候補先の探索・選定

ノンネームシートによって買収候補先を絞りこみを行ってまいります。買収候補先については、様々なルートから探してまいります。

 

7.トップ面談

買収候補企業がみつかりましたら、両社のトップ同士の面談をする場を設定します。ここでは、お互いの経営理念であったり、経営哲学、従業員のこと様々なこを打ち合わせしていただき、自社を承継して良い先かどうかを判断する貴重の場となります。

トップ面談は1回限りではなく、必要であれば何度もお会いしていただきお互いの経営観のすり合わせを行ってまいります。

 

8.意向表明書の提出

買収候補先がある程度事業も理解し、行うことのある程度の意思決定をした際は、意向表明書という形で売り手企業に提出します。

 

9.基本合意書の締結

意向表明書を提示いただいたら、売り手はその意向にそえるかどうかの判断をし条件をさらに買収候補者とつめていきます。そこである一定の合意に至った場合基本合意書というものを双方で締結します。

 

10.買収監査(デューデリジェンス)

検討してきた数字の裏付けや契約書などに法務的な問題はないか。従業員の雇用状態に労務的な課題はないかなどを、一般的には弁護士や会計士など専門家を買収候補先から派遣されて調査を受けます。この調査の内容については企業によってかわってきます。

 

11.最終契約

買収監査もおわりお互いの条件も最終にすりあうことができましたらそこで最終の契約書を締結して決済となります。

 

決済が終了した後、弊社への成功報酬をお支払いいただきます。