完全成功報酬制の理由

M&Aは成立しなければ、お客様にとっては価値があるものとはいえません。

弊社では、M&Aは成立をしないと、お客様にとって価値があるものとはいえないと考えております。

 

M&Aの過程での経験は、経営者にとってそれ自体が非常に勉強になるのは事実ではあります。実際に、コンサルタントにコンサルティングしてもらうより、非常に役にたったと喜ばれるケースは少なくありません。しかしながら、M&Aは成立しないと、経営者にとって価値がないものであると弊社では考えております。
また、いくつかの企業からは、着手金を支払ったが、実際に成約しなく困ったという話しを聞くこともあります。このようなことから、弊社ではその部分のリスクを弊社で持ち、経営者にとって可能な限りの負担を少なくし、M&A戦略を実行していただきたいという思いにより、完全成功報酬としております。

 

完全成功報酬型にすることによるメリット

弊社としても完全成功報酬型のサービスにはメリットがあります。M&Aは、情報をいかに多く集めるかということが重要です。情報が多く集まれば集まるほど、当然成約率はあがります。そういった点で成功報酬型は情報を多く集められる方法だと考えられます。M&A仲介会社が提供する最大の付加価値は手続きや交渉よりも、より良い相手先を探すことが一番だと考えています。もちろん弊社でも、その手続きや交渉も専門的にサービス提供させていただきますが、多くの企業から選択肢をもってもらいたいと考えております。

 

成約率の向上に繋がります。

完全成功報酬ということは、弊社にとっても、成約しないと何の利益も生み出さないということになります。そのような意味では、成約していただくために、誠実に対応させていただき、いかに成約率をあげていくかが弊社では重要になり、結果として成約率向上につながります。