All posts by incgrow

【M&Aニュース】タイセイ・ハウジー 子会社のタイセイ・ハイジープロパティーの一部株式をJR東日本都市開発に譲渡

株式会社タイセイ・ハウジーの100%子会社である、株式会社タイセイ・ハウジープロパティの一部株式を株式会社JR東日本都市開発に譲渡することで同意した。株式会社タイセイ・ハウジープロパティーは主にプロパティマネジメント事業を主力としている。今回の譲渡で、株式会社タイセイ・ハウジープロパティのもつマーケティング力、タイセイ。ハウジーグループの有するリーシング力を株式会社JR東日本都市開発の賃貸住宅開発実績、および沿線開発力とのシナジー効果により、株式会社タイセイ・ハウジープロパティの更なる成長が見込まれると判断した。

 

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】JR西日本、菱重プロパティーズを子会社化

西日本旅客鉄道株式会社(9021)は三菱重工業株式会社(7011)が100%出資する菱重ファシリティー&プロパティーズ株式会社から、菱重プロパティーズ株式会社の発行済み株式総数の70%を取得する株式譲渡契約を締結した。菱重ファシリティー&プロパティーズ株式会社の不動産関連事業について、菱重ファシリティー&プロパティーズ株式会社を分割会社として、菱重プロパティーズを分割承継会社とした会社分割(吸収分割)を平成29年1月1日付で実施する。菱重プロパティーズの株式は、菱重ファシリティー&プロパティーズ株式会社が70%、三菱重工が30%保有することとなり、その後西日本旅客鉄道株式会社が同年の2月1日付で菱重ファシリティー&プロパティーズ株式会社の株式を70%取得するもの。

 

 

掲載はこちら

【M&Aニュース】夢真ホールディングス、キアヌーヴとの資本業務提携 事業のIT化促進へ

株式会社夢真ホールディングス(2362)は、子会社である夢エデュケーションはキアヌーヴ株式会社と資本業務提携契約を締結した。現在、建設就業者の30%は55歳以上であることから、今後建設業界は更に人手不足が深刻になると予想されている。それに対して、建設投資金額は2010年を底に20%以上の回復をみせており、東京オリンピックなどでさらに需要が高まっていく想定さている。このような環境の中、夢真ホールディングスでは建設業のIT化を進めており、本件においても、建設業界のIT化促進と、キアヌーヴ株式会社の提供するITサービスに高い親和性があり、双方にとっての更なる成長が期待できると判断した。

 

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】東京建物、子会社と共同会社分割 グループにおける選択と集中のため

東京建物株式会社(8804)は、子会社である東京建物リゾート株式会社の羽鳥湖高原地域におけるホテル運営事業、別荘分譲事業およびそれに付随する事業を会社分割によって、新設会社に承継し、本会社分割により東京建物リゾート社に割り当てあれた株式を余剰金として交付を受けたうえで、新設会社の全株式を株式会社エンゼルに対して譲渡することを決議した。本件はグループにおける事業の選択と集中を目的としたもので、譲渡は12月1日を見込んでいる。

 

載内容はこちら

ラックランド、木戸設備工業を子会社化

株式会社ラックランド(9612)は、株式会社木戸設備工業の全株式を取得し、完全子会社とした。株式会社木戸設備工業は給排水設備工事を行い、特にパイプ接合設備や技術を有しています。一方、株式会社ラックランドは業務用冷蔵庫販売及びメンテナンスからスタートした会社で、現在は店舗の企画・デザイン・設計・施工・メンテナンス等の従来の枠組みを超えた商空間の総合サービスを提供しています。今後、さらに事業を拡大・強化するにあたり、株式会社木戸設備工業のもつ技術力、ノウハウを株式会社ラックランドグループ内の社員へも教育することで、全体の技術向上を目指していく。

 

掲載内容はこちら

東急不動産HD、社学生情報センターグループの株式取得

東急不動産ホールディングス株式会社(3289)は学生マンションを全国展開する学生情報センタ ーが会社分割により対象事業を移管予定の株式会社学生情報センターグループの全株式を取得した。東急不動産ホールディングス首都圏、関西圏を中心に一般顧客を対象とした賃貸住宅管理事業を展開している。現在国内におけるストック更新、活用ニーズの増大を受けて今後も市場活性化が見込まれているため、株式会社社学生情報センターを株式を取得することで、派生事業獲得や、新たな事業機会の創出を目指すものとしている。

 

掲載内容はこちら

 

 

東宝、グループ内不動産事業の再編計画を決議

東宝株式会社(9602)は、連結子会社である東宝不動産株式会社を吸収合併することを中心とした、グループ内の不動産事業の再編計画について決議した。東宝グループは不動産事業を「事業の三本柱」のひとつのコア事業として位置付けている。本件はグループの不動産事業再編による基盤強化を行うことを目的としている。

 

掲載内容はこちら