All posts by incgrow

【M&Aニュース】ハウスフリーダム、中部エリアの基盤強化のため、アイデムホームを子会社化

株式会社ハウスフリーダムは、平成29年6月15日開催の取締役会において、株式会社アイデムホームを子会社化した。

株式会社アイデムホームは、愛知県を中心に不動産仲介業を行っている。創業より 10年にわたり、名古屋市周辺地域に根差して、実績と信頼 を積み上げられ、人生に関わる総合サービスを提供する企業として着実な成長をしてきた。

一方、株式会社ハウスフリーダムは、関西、福岡、中部エリアにおいて、超地域密着戦略で事業を展開しており、今回の株式取得は、中部エリアの経営基盤をより強固なものにするためとしている。

 

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】京阪HD、京都の建売住宅・注文建築事業等を展開する、ゼロ・コーポレーションを子会社化

京阪ホールディングス株式会社は、関西圏を中心に大規模ニュータウンやマンション、戸建住宅などの開発を行っおり、「くずはローズタウン」「びわ湖ローズタウン」「京阪東ローズタウン」をはじめ、「京阪東御蔵山住宅地」「けいはんな公園都市」など、交通機関と商業施設、コミュニティ施設を組み合わせたトータルな街づくりを行ってきた。また、平成28年には「京阪淀ロジスティックヤード」を開業し、私募REITを設立した。これにより、不動産の投資・保有・売却・再投資という循環型モデル構築を図り、京阪グループのさらなる成長と安定的収益基盤の構築を目指している。

一方、株式会社ゼロ・コーポレーションは、京都を中心に建売住宅・注文建築事業等を展開し、特に「まちなか建売事業」の開発ノウハウに強みを持つ会社。

京阪ホールディングス株式会社は、既成市街地における開発ノウハウを京阪沿線へ展開することで、今後、多彩な街づくりを提案できるとしている。

 

 

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】ナック、日本製紙より国木ハウスを買収

株式会社ナックは、日本製紙株式会社との間で、株式会社国木ハウスを子会社化することを決議した。株式会社ナックは2002年から住宅事業に参入して、「レオハウス」のブランドで注文住宅系の地域ビルダーとして、業界内で確実なシェア拡大を図ってきた。今回の株式会社国木ハウスの株式を取得することで、寒冷地における建築ノウハウを獲得し当社グループの住宅事業として初めての北海道進出を図り、住宅事業の商圏拡大、今後の収益力及び顧客満足度のさらなる向上を目指していくこととしている。

 

掲載内容はこちら

 

【M&Aニュース】パナソニック、パナホームへのTOB開始

パナソニック株式会社は、平成29年4月21日に開催した取締役会において、パナホーム株式会社の普通株式を公開買付により取得することを決議した。それに伴い、パナホーム株式会社との株式交換契約を合意解約した。

現在、パナソニック株式会社は、パナホーム株式会社を連結子会社としている。今回のTOBはパナソニック株式会社が、パナホーム株式会社を完全子会社とすることを目的としている。これにより、両社間での株式交換契約は合意解約となった。買付額は920億円を予定している。今後、パナホーム株式会社は、人口減少に伴い、新設住宅着工戸数が減少する想定しており、街づくり事業やリフォーム事業、海外事業などへの早い段階でのビジネスモデルの転換と、多角化を行っていく。

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】上下水道工事を主力事業とする大盛工業、東京テレコムエンジニアリングの株式取得

株式会社大盛工業は、上下水道工事を主力事業として行ってきたが、ここ数年、不動産関連事業にも注力し、その一環として太陽光発電事業を始め、福島県の震災復興関連作業員用宿舎の運営など、不動産関連事業の積極的な展開してきた。

また、昨年の7 月には、鍼灸施術所及び柔道整復施術所の運営を行う子会社として、エトス株式会社を設立するなど、事業の多角化を行ってきた。今後更に事業拡大を図っていくため新規事業への積極的な取り組みが欠かせないものと考えている。

株式会社東京テレコムエンジニアリングはNTT グループの会社を主要顧客としており、NTT グループ会社の電気通信所内の設備の運用及 び保守を主業務としており、業績的には安定した収益をあげているため、子会社することにより、グループの収益の向上、安定した事業基盤を確保を目的としている。

 

掲載内容はこちら

【M&Aニュース】あかつき本社、トータルエステートを180億で子会社化

株式会社あかつき本社は、平成29年4月5日開催の取締役会において、中古不動産の再生やリノベーションを行う、株式会社トータルエステート、及びそのグループ会社の株式取得による、連結子会社化について決議した。

株式会社あかつき本社は新設予定の子会社を通じて、株式会社トータルエステートが全株式を保有する関連会社の普通株式及び優先株式の全ての取得を目指している。まずは、その大半を保有する株式会社トータルエステートの代表取締役社長を務める森川幸二氏より保有分を取得し、本適時開示後、残りの株主とも交渉を進める予定。本件における株式取得の総額は 61億円、継承する借入金を含めた買収総額は180億円程度になる見通し。

 

掲載内容はこちら

1 / 2012345...1020...最後 »