メニュー
お電話でのお問い合わせ
ログイン/会員登録
よくある質問
初めての方へ

アパート経営ならスマイスター

アパート経営
アパート経営はプランの比較で決まる!!

アパート経営を

成功させるための

プラン比較

賢く経営、損したくない人の為の
土地活用専門サイト
安定して大きな収入を得るには
プラン比較は欠かせません。

完全
無料

アパート経営はプランの比較で決まる!!
あなたの土地の最適なプランを完全無料で一括資料請求!

経営プランを選択(複数選択可)

pMark

複数の土地活用プランを一括査定。オーナー様の土地活用ならスマイスターにお任せください。アパート経営や、駐車場経営、戸建て賃貸、高齢者住宅、資産活用などご検討中の土地活用プランを選んで、一括で問い合わせを行うことが可能です。最適な土地活用には、所有する不動産の性質やご自身の目的に合わせて不動産運営プランを検討いただくことが大切です。土地活用をお考えでしたら上記より全国80社を超える相談先に問い合わせを行います。

アパート経営をお考えなら、オーナー様に役立つ土地活用プランを選んで資料請求を行うことが可能です。お持ちの土地にアパートを建設、管理を行い経営するためのプランを比較していただけます。アパート経営による家賃収入、駐車場経営や戸建て賃貸経営、高齢者賃貸住宅経営などの不動産活用についてもご覧いただけます。
アパート経営を行い、安定的な収入や大きな収益を得る為には各社のプランの比較し、検討することが大きなポイントとなります。まずは、この機会にアパート経営など不動産の特性に合わせた資料を請求してみてはいかがでしょうか。

おすすめアパート経営プラン

  • アパ:アパマン建築
  • 駐車:駐車場経営
  • 戸賃:戸建て賃貸
  • 高齢:高齢者住宅
  • 相談:資産相談

アパート経営とは

アパートとは集合住宅の一種であり、鉄筋コンクリート製の中高層住宅、高層住宅をマンションと呼ぶのに比較し、木造で低層の住宅を主にアパートと呼んでいます。アパートはマンションと比べると安価に建設できることから、所有する土地の活用方法を考えるにあたり比較的手軽に始めることができることが大きな魅力となっています。

アパート経営では、所有している土地にアパートを建てて、管理していくことでアパートのオーナーになって、家賃収入を得ます。アパート経営は、他の不動産活用と比較して、小さな物件から始めることが可能であり、初期費用が抑えられるため銀行など金融機関からの融資も受けやすいと言えます。そのようなこともあり、アパート経営は土地活用の中でもぜひ、検討したい活用方法です。

アパート経営に関するメリットを下記に表記してありますので、今後のご参考に是非ご覧ください。

アパート経営のメリット

収入・資金面
1副業として行える

メインのお仕事があり、副業に時間を割くことが難しい方でも、マンション・アパート経営は行えます。入居者募集や建物の維持・管理などは、管理会社にすべて任せることができるので、手間暇をかけなくてすむからです。同じ理由で、転勤や移住により、海外に在住している方にも可能な副業です。

2融資が受けやすい

アパートの経営は、「アパート経営」という事業であるため、個人であっても銀行から融資を受けることができます。株やFXなどの金融商品は投資的意味合いが強く、銀行からの融資は受けることが比較的難しくなっております。

3努力次第で収益アップができる

アパート経営は努力次第で収益アップをすることが出来ます。空室が目立つ物件や家賃が下がっている物件でも、管理状況を改善したり、リフォームをするなど、収益を高めることが可能です。他の投資方法と比べると、自身の努力次第で収益率を改善することができる分、柔軟で融通の効く投資方法だといえます。

4インフレ対策になる

インフレ(インフレーション)とは、物の価格が継続的に上昇し、紙幣の価値が下がることを指します。インフレが起こってしまった場合、貯金しているお金は価値が下がりますが、不動産は物であるため価値が上がり、家賃も上がる傾向にあります。

5世界情勢の影響を受けにくい

サブプライムローン、原油高、円安が起こった時でも、家賃の相場が大きく変動することはありません。金融商品の価値は、世界情勢の影響を強く受けます。世界情勢が自分に味方すれば、所有している金融商品の資産価値は大きく跳ね上がります。しかし、大きく下落してしまうリスクもあります。一方、アパート経営の収入源である家賃は、実需に影響される部分が大く、世界情勢の影響を受けにくいです。

年金・保険として
1年金、失業保険や医療保険としての役割もある

リストラ、定年退職、長期の入院などで、定期的な収入源を失った時でも、マンション・アパート経営での収入があれば、安定して収入を得ることができます。マンション・アパート経営が、年金、失業保険や医療保険の役割を果たすこともあります。

2生命保険の代わりにもなる

一家の収入を支えていた大黒柱がお亡なりになった後も、アパート経営をしていれば、安定した収入を確保する事ができるので、一種の生命保険の代わりも果たせます。アパートを建築した際に、ローンを組んでいた場合も、団体信用生命保険(団信)に加入していれば、残されたご家族にローンの返済が残ることはありません。

節税効果がある
1所得税の節税効果がある

会社員の場合、給与所得に応じて所得税がかかります。賃貸マンション・アパート経営で得た不動産所得は、給与所得と合算して損益通算ができる総合課税扱いとなります。所得がマイナスになれば、本来支払う必要があった所得税を節約する事ができます。また、事業主であれば減価償却で赤字になるような物件をあえて持つことで、本業の所得税を減らしつつ資産形成することができます。

2固定資産税の節税効果がある

賃貸マンション・アパート経営を行うことで、土地が「貸家建付地」となり、 更地の状態と比べ、固定資産税算出時の評価額が約2割下がります。(建物の評価額も、賃貸されていることを理由に、 通常と比べ約3割減になります。)

3相続税の節税効果がある

土地の所有者がお亡くなりになり、ご家族やご親族に所有権を移すと、相続税がかかります。相続者が相続された土地で、賃貸マンション・アパート経営を行なうと、その土地は「貸家建付地の評価減」を受けることができます。「貸家建付地の評価減」により、土地の評価が下がり、相続税を少なくすることができます。

Lineスマイスター友達登録

Line

友達追加で不動産に関する
最新ニュース、ノウハウ、耳寄りな情報を随時配信します!
友だち登録をする 友だち登録をする
お電話でのお問い合わせ

top