不動産業界における面接ポイント【実践編】

こんにちは。
不動産転職塾、編集部です。

本日は、不動産業界(住宅業界)の面接ポイント【実践編】を説明します。

不動産業界特有で必要な事項と、一般的に必要な事項をまとめますので、ぜひ、ご参考ください。

【基本マインド】
面接は、運と縁の要素がとても大きいですが、ギャンブルではありません。
運と縁の要素以外の部分を徹底的に準備し、面接の通過確率を最大限に高めることは可能です。
企業の事業理解、ならびにソフト面の理解を深め、内定に一歩づつ近づいて行きましょう。

【面接時に意識しなければならない5カ条】
1、求められていることを徹底的にイメージする。
不動産営業職の経験者採用の場合、物件特性や、メンバーマネジメント経験などのマッチングが求められます。もちろん全てマッチングしていればベストですが、そのようなことはめったにありません。とはいえ、企業側では重視している項目とそうでない項目がありますので、その差を面接中に読み取って、しっかりアピールして行く必要があります。例えば、企業側の経営課題として、媒介契約が取れていないという問題が起きている際、種別が異なっていても売り反響を鳴らして両手取引をこなしてきたという実績は、強いアピ-ルになります。また、姿勢・意識で言いますと、結果にとことんこだわる姿勢は、当然のこととして、会社の理念や経営方針に沿っているかというのも、とても重要です。例えば、「賃貸のみで、売買には手を出さない」、「仲介のみで、開発はやらない」など、各社の方針の違いがあります。そのような中、経営方針とは別の方向性の話をしてしまいますと、内定から遠くなってしまいますし、そもそもの所で言えば、入社したとしても、長期間働けないかもしれません。応募先の企業の目線で、何を話すべきかというのを探っていく必要があります。

2、「いい人、優しい人、大きなことを言う人」ではなく、「地道に実績を出す人」が好まれる。
「住宅選びを通じ、お客様の笑顔が見たい」というのは、とても大事です。ですが、不動産・住宅業界に身を置くのであれば、そのスタンスは大前提ですし、もっともっと伝えなければならないことがあります。それは、結果にこだわって仕事をしていくかどうかという視点です。「不動産流通市場を変革し、空き家率を解消したい」というお話もいいのですが、やはり、目の前の仲介を1件1件決めていき、0.000数パーセントの空き家率の解消の積み重ねをし、余剰利益の中から新しいことに取り組んでいくという姿勢が好ましいのではないでしょうか。
※不動産会社の中の営業企画や新規事業企画の部署の採用であれば少し違うと思うのですが、地に足の着いた人材が好まれます。

3、不動産業界で共通して好かれる人物像をイメージする。
・おっちょこちょいだが、活発で行動的。
・猛烈な負けず嫌い。
・キラキラしていて、出来るオーラが出ている。
・明るくチャーミング。
・前向き、楽観的で、それでいて賢く、問題意識もあり、謙虚。
・胸を張って、前を向いていて、いつも笑顔。
・従順さ、素直さ。
・社交性、礼儀。
・ハートの熱量の大きさ。
・程よいギラギラ感。
・程よい根性気質。
※その他、高ければ高いほど良い項目。
 ・高い受容性と情緒の安定性。
 ・頼りがい、統率力。
 ・判断力・決断力。
 ・会話のキャッチボールの正確性。
 ・好奇心。
 ・全身から自然にあふれる自信。
 ・大局観、視点の高さ。
 ・地頭の良さ・・・。

5、入社後の仕事のイメージを擦り合わせる。
担当エリア、反響の獲得方法、反響の振り分け方法、目標のすり合わせ、入社までの事前課題等、具体的な話が出るほど、内定に近づきます。

【留意点】
本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。
なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

関連記事