不動産業界における面接ポイント【前日・当日準備編】

こんにちは。
不動産転職塾、編集部です。

本日は、不動産業界(住宅業界)の面接ポイント【前日・当日準備編】を説明します。

不動産業界特有で必要な事項と、一般的に必要な事項をまとめますので、ぜひ、ご参考ください

【基本マインド】
面接は、運と縁の要素がとても大きいですが、ギャンブルではありません。
運と縁の要素以外の部分を徹底的に準備し、面接の通過確率を最大限に高めることは可能です。
企業の事業理解、ならびにソフト面の理解を深め、内定に一歩づつ近づいて行きましょう。

【前日の準備】
1、電車の時間、地図を事前に調べておく。
電車の接続タイミングが悪かったり、駅から意外に遠いという事もあります。前日には調べておきましょう。

2、服装の準備
人前に出る仕事ですので、通常のビジネスマンよりも、清潔感が求められます。
スーツ、ネクタイ、カバン、靴等の準備も前日に済ませましょう。当日、自宅の鏡の前で、一人ファッションショーが始まり、ネクタイの色が合わないなんて、慌てないようにしましょう。
そして、不動産・住宅業界ならではの準備ですが、靴下にもご注意ください。モデルルーム内で実施することもあります。
※服装の詳細に関して
・シワが無い状態で、パリッとしているかどうか。
・スーツの折り目がきちんとついているか。
・地味すぎるのも、派手すぎるのもNGです。企業文化に沿っている物か。
・ダボっとしていないか
・靴は綺麗に磨かれているか。

3、必須の持ち物チェック
・履歴書(写真)
・経歴書
・付随資料(販売実績一覧、図面等)
・筆記用具
・クリアファイル
・名刺ケース
・くし
当日の配布資料がある可能性もありますので、クリアファイルは、重宝します。また当日に名刺を渡される可能性もありますので、名刺ケースも準備しておいた方が少しだけ安心かもしれません。名刺ケースがない場合、受け取った後の名刺をどこに置いたらよいのか手間取り、若干、間が悪くなる可能性もあります。

【面接直前の準備】
1、可能な限り一時間前に到着する。
一番の目的は、心を落ち着かせることです。ギリギリで到着すると、せわしない言動が出てしまい、心象が悪くなってしまいます。また、電車遅延や事故渋滞があっても余裕をもって到着するという意味も含まれます。身内に不幸があった場合など、特別なケースを除き、数分でも遅刻した瞬間に、実質的にほぼNGとなってしまいます。

2、喫茶店でイメージトレーニングをする。
退職理由や志望動機など、事前準備したものを再度、頭の中で整理を行ってください。

3、ラポールの準備を行ってください。
プレスリリースや採用情報、ブログ等を閲覧し、話題になりそうな情報を取得してください。
また、自社HPならびに、SUUMOやホームズ等のポータルサイトを確認し、当社の目玉物件などもチェックしておくことをお勧めします。

【面接直前、20分前のポイント】
1、身だしなみの直前セッティングする。
面接20分前に、再度、髪をとかし、身だしなみを整えてください。男性の方は、整髪料のつけすぎに注意してください。女性の方も、化粧と香水のつけすぎに注意してください。

2、受付は、定刻5分前に行う。
早すぎても相手に迷惑ですので、しっかり定刻5分前に受付をしましょう。大手企業の場合、朝9~10時と、午後13時は、受付が込み合っている時間です。また、下層階で最初の受付をし、エレベータでに上がって、再度受付をするような企業は要注意です。
上手に時間をコントロールし、5分前に受付ができるようにしましょう。

【留意点】
本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。
なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

関連記事