ホテルによる土地活用のメリットとデメリット

市街化調整区域から外れるなどの理由や、農地として保有していた広大な土地を有効活用したいなどの理由で、土地の利用方法にホテルを検討されている方々に向けて、様々なメリットやデメリットについてまとめて紹介します。

ホテルによる土地活用は有効か

マンションやオフィスビル、工場などではなく、ホテルという特殊な建物として土地活用を検討されているのであれば、改めて確認する必要もないかと思われますが、まずその土地は、観光客や出張者にとって利便性が高く、十分な宿泊客が見込める場所であるかどうかが重要です。

なかには辺鄙(へんぴ)な場所で成功しているケースがあるのは事実ですが、ホテルに適した立地というものが根本にあります。
利便性の高い駅から近い(あるいは隣接している)ことや、有名な(あるいは人気の)観光地であること、その他にも訪問客が多い特殊な理由があるといった魅力的な立地の土地であれば、ホテルとしての土地活用が有効な最低限のポテンシャルを持っている場所、と判断できます。

契約の仕方は?収入を得られるまでの流れについて

ホテルという業種は、様々なノウハウの集合体ですので、これまでに一切の経営の経験やノウハウがない素人が、いきなり参入することは無謀です。
そのため一般的にホテルによる土地の活用を考える際には、規模の大小を問わず、既存の事業者あるいはグループと、長期間の一括借上げ方式の契約を結びます。

この契約と土地を担保に銀行から借り入れを行い、事前に取り決めた建物を、土地のオーナーが建設します。
賃料の発生時期は契約により異なりますが、基本的にはホテル側がオペレーションを行える状態となった時点から賃料が発生します。
つまり、建物の建設に遅延があった場合には、別段の定めがない限りは土地オーナーが損害を被る形となります。

ホテルによる土地活用のメリットやデメリット

ホテルによる土地活用のメリットは、賃借人がホテル法人である場合が多いため、長期間の安定した家賃収入が期待できることです。
また特殊な物件であるため、一般的なマンションやオフィスビルよりも、多くの家賃収入を得ることができます。

その一方でデメリットは、賃借人である法人が撤退を決めて出ていってしまうケースが発生すれば、いわゆる「潰しが効かない」ことです。
ホテルとして建てられた物件は、それ以外の用途には使用できませんので、次の借り手を見つけるのには、マンションやオフィスの何倍もの時間を要する可能性が高いです。
また、近隣事情の変化によって来客が見込めない場合には、ずっと借り手が見つからない可能性が少なからずあることです。