病院・医療クリニックによる土地活用のメリットとデメリット

開業医を希望するドクターに賃貸方式で入居してもらう、賃貸医院という土地活用があります。
ですが、医療に関する専門的な知識もない場合、ちゃんと利益が得られるか不安ですよね。

病院やクリニックの賃貸が有効な土地活用なのか、ご紹介します。

ドクターも費用を軽減したい

勤務医の中には、自分の裁量で仕事がしたい、地元で仕事がしたい、収入を上げたい方等、開業医を目指す方がいます。
ですが、必ずしも親が開業している等、開業医になるアテがあるわけではありません。

クリニックを開業するには、土地の確保やクリニックの建設、医療設備のリース等、多額の費用が必要です。
そのような開業医を希望するドクターに賃貸方式で入居してもらうのが、賃貸医院です。

賃貸医院にはいくつかの種類があります。
土地を貸して医療機関やドクターがクリニックを作る方法。
土地のオーナーが建物を建てて貸し出す方法。
メディカルモールや医療ビルを建てて、複数のクリニックに入ってもらう方法。

どれがベストかは、地域のニーズによって変わってきます。

空室リスクの回避と長期に安定した利益

病院やドクターの数は地域差が激しいです。

「高齢者が多いのにクリニックが少なくて、常に混雑していている地域」
「新興住宅地で周辺に医療機関がなく、病院がある町まで車で移動している方が多い地域」
そのようなエリアに土地を持っているのであれば、賃貸医院に向いています。

もし駅やバスなど交通機関から遠い場所であれば、駐車場のスペースもあると良いでしょう。

マンション経営などと違い、病院として借りるドクターのマッチングをしてから建設するので空室の心配はありません。
また、基本的に長期間にわたる契約を見込めますので、安定した利益を得られます。

建設には専門的な知識が必要に思えますが、ドクターが設備の希望を訴えてきますので問題ありません。

マッチングの難しさ

開業を希望するドクターとのマッチングがなければ、話を進められません。
特に医療ビルは複数のドクターを呼び込む必要があるので苦戦します。

医療行為も商売ですので、収益が見込めないところにはなかなか診療所ができません。
所持している土地や、周辺環境、希望するドクターすべてが噛み合ってはじめて成立する土地活用です。

下手をすると何年も借り手が見つからない可能性があります。
開業医を目指すドクターはコンサルティング会社に登録してサポートを受けていることが多いです。
自力で探すのは困難なので、コンサルティング会社を頼ると良いでしょう。

ドクターを地域に呼び込むことができれば、多大な地域・社会貢献になります。
もし近所に住んでいるのであれば、オーナー自身も恩恵を受けることができるでしょう。

大型スーパーの隣接地や幹線道路沿いの土地であれば、集客が見込めるので土地活用として賃貸医院はおすすめと言えるでしょう。