鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造・鉄筋コンクリート(RC)造・鉄骨造(S)造の違いとは

マンションの構成素材として、よく目にするのがコンクリートではないでしょうか。
建物構造の表記には、SとRとCを組み合わせたアルファベット名がついているため紛らわしいかもしれません。
では、これらの材質にはどのような違いがあるのでしょうか。

鉄筋コンクリート(RC)造とは

鉄筋コンクリートはReinforced Concrete Constructionの頭文字をとって、RC造と言われています。
RC造の建物は、鉄筋とコンクリートで構成されています。

鉄筋は棒状の鉄材であり、これによって建物の枠組みをした後、コンクリートを流し込んで形を作っていきます。
鉄筋の特徴として、引っ張られる力に強いのですが、錆や耐火性が低いという面を持っています。

一方、コンクリートは引っ張られる力には弱いのですが、圧縮される力に強いという特徴があります。
RC造は鉄筋とコンクリートのそれぞれの特徴を兼ね備え、欠点を補いあうことができるため強度の高い建物を構築することができます。
また、コンクリートはアルカリ性であるため、鉄材の錆を防ぐ効果があり、建物の耐久性を維持することができます。

RC造のメリットは前述のように高い耐久性を持ち、耐火性にも優れている点です。
さらに、比較的自由な形の建築物を作ることができるのもメリットです。
鉄筋とコンクリートが持っている材質の特長を活かして柱や梁をなくしたり、アーチ構造にしたりといった、構造形式も幅広く選択することができます。

デメリットとしては、木造などと比べると材質が重いため、建物の重量が増えてしまう点です。
そのため、しっかりとした地盤が必要になります。
また、コンクリートは気密性が高いため、結露が起こってしまうという点も注意する必要があるでしょう。

鉄骨(S)造とは

鉄骨造はSteelの頭文字をとって、S造と言われています。

S造は、柱や梁などの中心に鉄骨と呼ばれる芯があり、その周りをコンクリートで流し込みます。
鉄骨は切った断面の形から、H型鋼、I型鋼などの種類があります。

S造はRC造よりも軽量であることから地盤への負担が少なく、作業の負担が減ることから工期が短くなる点がメリットです。
また、S造は大きな空間を作るのに適しているため、工場やオフィスビル、体育館などの建築に用いられる構造となっています。

デメリットとしては、軽量であるがゆえに地震や台風など外的な圧力に対して弱く、振動が伝わりやすい点が挙げられます。

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造とは

鉄骨鉄筋コンクリートは造は、Steel Reinforced Concrete Constructionのそれぞれの頭文字をとって、SRC造と言われています。
鉄骨、鉄筋、コンクリートの3つの素材から成っており、前述のRC造とS造を組み合わせた構造です。

建物の骨組みとなる鉄骨の周りを鉄筋で囲み、コンクリートを流し込みます。
鉄骨や鉄筋が入ることで、建物の強度があがります。

SRC造のメリットは、コンクリートの長所である、変形しにくい点と、鉄骨のしなやかさを兼ね備えた点です。
耐火性・耐久性が高く、高層マンションの建築にも使われる材質です。

強度の高い材質であることから、柱や梁が細くても高い耐震性を発揮できる建造物であると言えます。
デメリットとしては、S造やRC造と比較すると建築コストが高くなる点が挙げられます。

それぞれの材質には、メリットとデメリットがあります。
マンションの保有目的に合わせて、自分にあった材質を選ぶようにしましょう。