「公示地価」についての解説

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

キーワード「公示地価」とは・・・

公示地価とは国土交通省が毎年1回その年の1月1日時点で対象とする土地の価値を発表(3月中旬頃)する標準地の地価の事をいいます。この地価は取引価格の指標になるものです。公示地価は誰でもインターネットで国土交通省の標準値・基準値検索システムにより調べる事ができます。

堂下代表の一言

土地の価格には「公示地価」や「路線価」「基準地価」など複数の地価があり、わかりにくい部分がありますが、「公示地価」は国、「基準地価」は都道府県が発表し、「路線価」は「公示地価」の8割程度と設定されています。

「公示地価」「基準地価」は通常の物件取引に指標となる価値で「路線価」は一般的に「相続税路線価」と言われ、相続した土地の評価額となります。

余談ですが、相続が発生した場合、建物は固定資産評価額土地は路線価で算定されて相続税が計算されます。平成27年度の増税により都内の持家所有者の方の相続税がかかる可能性が高くなったと言われておりますが、実際にどうなのか調べてみて頂くのも良いのではないかと思います。

スマイスター編集部より

堂下様の解説にもあるように、土地の売却において参考にするべき公示価格ですが、その価格の通りに売却できるかは、また別の話です。取引が活発な首都圏の土地の場合、公示価格よりも高い値段で取引されるものもあれば、地方によっては公示価格で売りに出しても売れずに、価格を下げざるを得ないといったケースも考えられます。

ただ、公示価格の推移を一定の期間で見ることによって、その土地の価格が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるとかといった把握をすることは可能であり、そういった部分を指標の一つとして、土地売却のタイミングを考えてみることは有効だと考えられます。

コラム:路線価・公示地価・基準地価、それぞれの活用法

 

logoAM3

企業名 日本AMサービス
住所 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1202
事業内容 ・不動産投資資産形成サポート業務 ・賃貸管理業務
・賃貸経営サポート業務 ・ローンアレンジメント業務
・その他不動産投資に関する業務
氏名 堂下 葉
所属/役職 代表
資格 宅地建物取引主任者、不動産証券化協会認定マスター、証券アナリスト、全国経理教育協会簿記上級、日本商工会議所簿記2級、国際会計検定(BATIC)Accountant Level、証券外務員2種
電話番号 03-5623-2325